ダイエット&体作りブログ「オフィスボディメイク」

サクッと読める!ダイエット&健康的な体作りをサポートするブログ

ヨガは痩せる?ヨギーにきれいな人が多い理由

手軽に始められるエクササイズとして女性に人気の高いヨガ。

ダイエット目的で始められる方もいらっしゃいますし、実際にヨガの先生やヨガを続けている方にはスタイルが良くてきれいな方が多いですよね。

「あのスタイルの秘訣は?」

「結局ヨガは痩せるのか?」

この辺りは気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなヨガのダイエット効果について考察してみたいと思います。
 

f:id:officebodymake:20180912002347p:plain

ヨガとダイエット

そもそもヨガがダイエットに向いているかどうかにつては世の中では賛否両論があるようですが、ヨガがダイエットに良いとされる理由としては、主に以下の2つが挙げられます。
  
■ ゆっくりした動きで行う有酸素運動である
有酸素運動とは、呼吸で酸素を取り込みながら全身の筋肉を長い時間使い続ける運動のことを言います。その意味ではヨガも有酸素運動の1つで、体脂肪もヨガを行う際のエネルギーとして消費されます。
(ラージャヨガのような瞑想が中心のものや極端に動きの少ないものは除きます)
 
■ 意識的な呼吸やポージングで基礎代謝量を上げることができる
基礎代謝量とは安静にしていても消費するカロリーのことで、これが高いほど脂肪が燃えやすく痩せやすいと言われています。
ヨガの場合は、腹式呼吸やポージングによりインナーマッスル(深層筋)が鍛えられることで基礎代謝量が向上するというのが一般的な解釈です。
しかし、基礎代謝として消費されるカロリーのうち筋肉で消費されるのは全体の約2割ほど。またその中でも大部分を占めるのがアウターマッスル(表層筋)なので、インナーマッスルを鍛えたことによるダイエット効果はかなり薄いように思われます。
 

f:id:officebodymake:20180922224314p:plain

ヨガの消費カロリー 

ヨガは有酸素運動の側面を持っていますが、有酸素運動にも強度があり種類によっては消費カロリーも違います。
以下は、標準的な体型の成人女性がヨガを30分間行ったときの消費カロリーです。
 
・一般的なヨガ 約60kcal
・ホットヨガ 約80kcal
・パワーヨガ 約100kcal
 
一方、他の有酸素運動では
 
・ウォーキング 約80kcal
・ランニング 約230kcal
・水泳(クロール) 約500kcal
 
こうして見ると、一般的な有酸素運動の中でもヨガの消費カロリーは割と低い部類に入ることがわかります。
 

結論 

ヨガは短期間で一気に痩せられるようなエクササイズではないが、
長期的に行えばウォーキングと同程度のダイエット効果は期待できる。
ちなみに、ヨガを続けている方にスタイルの良い方が多いのには
 
・食事管理もしっかり行なっている
・自分の体に対する意識が高くなっている
・ヨガ以外に運動をしている
 
といった理由も挙げられます。
純粋にヨガだけで痩せている人は決して多くはないので過度な期待は禁物ですが、ハードな運動が苦手な方や運動に慣れていない方がダイエットのために運動を始めるとするならば、運動強度が低く道具も使わずに行えるヨガは間違いなくおすすめです。
また、この適度な運動強度が血液やリンパの循環を改善してくれたり、精神的にリラックスすることでストレスを緩和してくれたりと、美容面や健康面での効果が期待できるので、「痩せる」というよりは「健康的に美しくなる」という目的で始めるのも良いでしょう。